【これで完璧!】周りと差がつく集団面接のポイント

集団面接は現在、非常に多くの企業で面接の際に用いられている形式です。
面識のないライバルの学生達と一緒に行うので、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし、事前に準備をしておけば恐れることはありません。コツをつかめば、個人面接よりもむしろ簡単に感じるでしょう。

今回は個人面接との違いや集団面接でよく聞かれる質問とその対策、そして面接を受けるにあたっての注意点などを解説します。評価のポイントをしっかりと押さえ、人事から高評価をもらいましょう。

そもそも集団面接とは?

集団面接とは、選考の初期段階で3〜5人程度のグループで行う面接のこと。グループ面接やグループインタビューと呼ばれることもあります。大手企業や人気企業などでは、一次面接において行われることが多いです。数多くの応募者から一気に選定するために行われているので、気を抜いてはいけません。

集団面接と個人面接の違いは?

個人面接との違いは、個人を対象に行うのか、集団で行うのかの違いです。個人面接は、学生が1人に対し1人もしくは2~3人の面接官で行うのが一般的です。それに対して、集団面接(グループ面接)の場合、3~5人程度の学生が、同時に面接を受ける方法で、面接官は個人面接同様2~3人で行うのが一般的です。

採用側が集団面接を行うメリットは、短時間で大勢の面接ができるほかに、複数の学生を比較して優劣を付けられるということにあります。また、集団の中でのマナーや態度などを同時に比較できる点も大きなメリットになっています。

学生にとっては、個人面接と異なり質問数が限られていて、1人あたりの面接時間が少ないことから、短い時間で効率的よく自己アピールすることが求められます。

集団面接と個人面接の違いは?

個人面接との違いは、個人を対象に行うのか、集団で行うのかの違いです。個人面接は、学生が1人に対し1人もしくは2~3人の面接官で行うのが一般的です。それに対して、集団面接(グループ面接)の場合、3~5人程度の学生が、同時に面接を受ける方法で、面接官は個人面接同様2~3人で行うのが一般的です。

採用側が集団面接を行うメリットは、短時間で大勢の面接ができるほかに、複数の学生を比較して優劣を付けられるということにあります。また、集団の中でのマナーや態度などを同時に比較できる点も大きなメリットになっています。

学生にとっては、個人面接と異なり質問数が限られていて、1人あたりの面接時間が少ないことから、短い時間で効率的よく自己アピールすることが求められます。

社会人としてのコミュニケーション能力が見られている

集団面接では、面接官は学生が社会人としての基礎力を備えているかどうかを見ています。社会人としての基礎力とは、質問者の意図を理解し、適切に話をまとめられるという能力。質問の意図を理解し、簡潔に話をまとめた上で自分をアピールすることができれば、集団面接は突破できます。

またコミュニケーション能力においては、話す能力だけでなく、聞く能力も大切です。他の学生が回答している間であっても、自分の態度についてはしっかりチェックされます。自分の回答が終わってからも決して気を抜かず、他の学生の話にもちゃんと耳を傾けましょう。

集団面接の時間は1人最大10分まで! 簡潔に話をまとめましょう

グループ面接は全体で約30~40分ほどで行われます。時間だけ見れば非常に長く感じますが、実際は最大で5人程度が順番に話すため、自分の話す時間は非常に短くなっています。
面接官側が話す時間も考慮すると、自分が話す時間は最大で10分程度。個人面接の場合は、話す学生は1人しかいないので、30分程度はかかります。それを考えると、集団面接の時間がどれだけ短いかわかるでしょう。模擬面接などで実際に練習をしてみると、この差が大きいことに気づくはずです。

時間が限られているので、もたもたしていると自分の話す時間がほとんどないままに面接が終了してしまうことも。そのため、学生には短時間で話を簡潔にまとめられる能力が求められます。

集団面接でよく聞かれる質問

集団面接では、面接官に聞かれる質問がある程度決まっています。もちろん、企業によっては珍しい質問をしてくることもありますが、とりあえず基本的な質問に対する解答を前もって準備することで、精神的に落ち着いて面接に臨めるでしょう。

自己紹介

個人面接と同じように、名前や大学、専攻などの自己紹介を求められます。集団面接の入り口となる自己紹介ですので、大きな声で胸をはり、ハキハキと面接官に伝えましょう。

自己紹介で必要な項目は「大学(大学院)名・学部(研究科)・氏名」、「大学で取り組んだ事柄(卒業論文・部活動・サークルなど)」、「1分間の自己PR」です。時間が短いため、大学関係の話は簡潔に話しましょう。

例文

大学経済学部のキャリア祐一です。大学では「人的資本が経済成長に与える影響」について卒業論文を執筆しています。英語劇のサークルに所属しており、年間10回公演を行っています。その経験から、協調性と行動力には自信があります。御社の積極的に個人の挑戦を応援する社風に魅力を感じました。本日はよろしくお願いいたします。

志望動機

志望動機で盛り込まなければならない項目は、業界・該当企業を選んだ理由、入社して将来的に何をしていきたいのかの2点。面接官はやる気を持って一緒に働いてくれる人材を求めています。自分がこの業界の中でも、なぜ該当企業を選んだのかについてしっかりと説明しなければなりません。

例文

私が御社を志望した理由は、高齢社会となっている日本で充実した介護サービスを提供したいからです。

私は大学で社会福祉を先行しており、授業やゼミの活動で、介護施設を何度も訪問しました。実際に現場を訪れて、高齢者から状況に応じた様々なニーズが寄せられていると実感しました。訪問介護やデイサービスだけではない、包括的なな福祉サービスを展開する御社ならば、私の目標を達成できるのではないかと感じております。

学生時代に培ってきた経験を活かし、福祉経営に特化したコンサルティング業務を行う御社に貢献していきたいと考えております。

学生時代に頑張ったこと

面接官が質問する意図は、入社してから真面目に仕事をしてくれるかどうかを判断するため。自分がこれまでで一生懸命取り組んだことを初対面の人にも状況がよくわかるように説明しましょう。

また、努力して得たものが入社後も活かせることをアピールしておくと、説得力がさらに増します。ただそこまで詳しくは聞かれていないので、あまり多く盛り込まないようにしましょう。

例文

私が学生時代に頑張ったことは、家庭教師のアルバイトです。
主に中学3年生を担当しました。

自分の指導の仕方で生徒の人生が左右されるという責任感から、なんとか志望校に合格させようと思いました。
9月頃まで成績が伸び悩んでいたので、改善策を出しました。具体的には、生徒や保護者との対話から復習方法に問題があることを突き止め、毎月の明確な目標設定、生徒に合わせた復習プリントなどの独自教材の作成を行いました。
結果的に担当していた生徒を第一志望校合格させることができました。

家庭教師の経験を通して、ただ決められた仕事をこなすだけではなく、自分で課題を設定し、それに向けて行動することの大切さを学びました。

集団面接で注意しなければいけないこと

集団面接では質問にちゃんと受け答えができていることはもちろん、社会人としてのマナーや協調性も求められます。そのため、面接中は周りの学生と比較した自分の立ち振る舞いにも注意を払わなければなりません。面接官にマイナスな印象を与えないために、集団面接における注意点を確認しておきましょう。

身だしなみに気を付ける

初対面の人同士における評価は、8割が第一印象で決まると言われています。つまり、面接での評価は大半は学生の第一印象で決まってしまうのです。寝ぐせやスーツのしわや汚れなどは目立ちやすいので、面接前までによく確認しておいてください。

個人面接もそうですが、面接を受け始める前にもう一度服装のマナーについて確認してみましょう。また自分の身だしなみに不安な方は、家族や友人などからチェックしてもらうことをおすすめします。

面接官の目を見て話す

学生によっては緊張して目線が泳いでしまったり、表情が硬くなってしまう人もいますが、これは非常に印象が悪いです。下を向いて小さな声で話しているより、しっかりと面接官の目を見ながら明るくはっきりした声で話すようにしましょう。

もちろん、人の目を直視するのが難しいという方もいるかもしれません。その場合は、面接官のネクタイ、クールビズであれば首元に目線を合わせるなど、相手の目線に合わせる努力をしてください。

他の学生が話している時も気を抜かない

面接官が必ず複数人いるので、他の学生が答えているときの姿も面接官にしっかりチェックされています。

どのような姿勢で人の話を聞いているか、答え終わって気が抜けていないかなど、面接中はどんな行動も面接官からチェックされているということを忘れないでください。

他の学生が答えているときは、多少大げさでもいいので相槌を打つなどして、人の話をしっかり聞いていることをアピールしましょう。

他の学生がどれほど素晴らしい回答をしようと、それに臆することなく、きちんと反応することが肝心です。