インターンシップはいつから?エントリー方法と注意点

インターンシップに参加したいと思ったとき、まずやらなければならないのが、エントリーというインターン先企業への参加申し込みです。一口にエントリーと言っても、参加する企業によってはエントリーを行うタイミングや、そもそも意味が違っていたりします。

今回はインターンシップの種類や参加手順、エントリーシートの書き方に至るまで解説します。自分が希望している企業のインターンシップに参加できるように、しっかり準備しておきましょう。

インターンシップのエントリー方法は2種類

企業におけるインターンシップは大きく分けて、「プレエントリー」と「本エントリー」の2種類があります。表現こそ似ているものの、意味合いはまったく異なります。まずはプレエントリーと本エントリーの違いから、インターンシップに参加手順まで解説していきます。

プレエントリーとは

プレエントリーとは、本エントリーの一歩前の段階のこと。つまり、企業の採用活動ページなどに登録することを意味します。Web上で簡単な情報を入力するだけで完了するものがほとんどです。このプレエントリーをすることで詳細なインターン情報を閲覧できるようになったり、資料請求ができるようになります。

企業によってはプレエントリーをしておかないと本エントリーや選考に参加することができないところも。プレエントリーをしておけば、選考関係の詳細案内がもらえます。少しでも気になる企業があれば、積極的にプレエントリーしておくといいでしょう。

プレエントリーは、あくまで自分自身がその企業のインターンシップ対象者であることを伝える機会にすぎません。この段階ではまだインターンシップに参加する企業を絞らなくてもいいでしょう。

本エントリーとは

本エントリーとは、企業が実施しているインターンに参加したい、選考を受けたいという意志表明を行うこと。プレエントリーの時とは異なり、企業によってはWeb上でいくつかの質問項目に答えたり、エントリーシートを提出しなければならないところがあったりします。

志望動機や自己PR文の作成など、プレエントリーに比べて圧倒的に時間と手間がかかる内容になっています。本エントリーでは数よりも質を重視し、自分が本当に参加したい企業に絞って対応していく必要があります。

また本エントリーのあとには選考に参加していかなければなりません。面接やグループワークなど、直接インターン先企業と顔を合わせたり、コミュニケーションをとったりするなどやらなければならないことは多いです。事前にしっかりと準備をしてから本エントリーに臨むことが求められています。

インターンシップの申し込み時期は?

インターンシップの開催時期は企業によって違いますし、実際開催されるかどうかも異なります。開催時期はある程度集中していますので、どの時期に募集が多いのかを把握して、積極的に参加するようにしましょう。

 

インターンシップの開催時期として一番多いのが、6~8月までの間。通称サマーインターンと呼ばれるものであり、夏休みを利用した長期のインターンもこの時期に数多く実施されています。長期だけではなく、短期で募集している企業も多いです。

 

次に多いのが、年明けから就活解禁の3月までの間。
基本的には1日だけなど短期のインターンが中心であり、長期のインターンは数が少なく、数週間から1か月程度などの場合が多いです。
またこの時期は企業研究のために参加している学生が多いです。

インターンシップにエントリーする方法
インターンシップにエントリーする方法は、就活サイトからエントリーする方法と企業に直接エントリーする方法の2つがあります。

リクナビやマイナビなどの就活サイトでは、インターンシップを実施している数多くの企業が掲載されています。
就活サイトでのエントリーのやり方は、参加したい企業のインターンシップ申込ページで、基本項目を入力するだけ。
実施日を比較しながらインターン先が選べるので非常に便利です。

また企業に直接エントリーする場合は、まず参加したい企業のホームページにアクセスし、インターンシップの情報が載っているページを探しましょう。
そこで企業側が作成した質問に回答してエントリーします。
企業によってはメールでエントリーを申し込む形式をところもあるので、事前にエントリー方法を確認しておきましょう。

エントリーにあたっての注意すべきこと

ここではインターンシップのエントリー前後で気を付けておかなければならないことを解説します。
エントリーする前に必ず確認しておきましょう。

企業によって選考プロセスが違う

インターンシップの申し込み方法にはプレエントリーと本エントリーの2種類があると紹介しましたが、すべての企業がこのやり方で募集しているわけではありません。

企業によっては、プレエントリーは実施せずに本エントリーから受付を開始するところもあります。
インターンシップ専用サイトで募集をしている企業は、そのサイト上でのエントリーが本エントリーとなっていることがほとんどです。

もしも各企業の行うインターンシップに関して、気になることや疑問点があれば、本エントリー前に直接問い合わせても問題ありません。
電話やメールで問い合わせる際は、企業が公開している連絡先に対して行いましょう。

選考を辞退する場合は直接企業へ連絡する

仮に複数の企業から合格の返事をもらった場合、日程が重なってしまって参加できないこともあります。
そうした場合はきちんと企業に辞退すること連絡しましょう。

企業のホームページやインターンサイトなどからは、エントリーを取り消すことができないため、電話かメールで直接連絡を入れる必要があります。

絶対にやってはいけないのが、何の連絡もせずに、また企業からの連絡にも反応しないこと。
企業側も辞退したとわかれば、次の人を選考するために動き出すことができます。
しかしそれがわからないままだとすぐには動くことができません。
企業側に多大な負担をかけないためにも、事態の連絡は早めに行いましょう。

本エントリーしたら選考内容を確認する

本エントリー後、多くの企業でインターンシップに向けて選考が開始されます。
一般的なインターンシップ選考の種類は、主にwebテスト・グループディスカッション・面接の3つ。

大手企業や人気企業ですと、応募者が増えるので、二次面接・三次面接と選考の種類が多くなることがあります。
実際の採用選考のつもりでしっかり対策しておきましょう。

インターンに通過できるエントリーシートの書き方

インターンの選考を突破するために、避けて通れないのがエントリーシートの提出。
エントリーシートの書き方や作成するにあたって注意すべきポイントを紹介します。

結論から先に伝える

すべての文章に言えることですが、文章をわかりやすく伝える場合、まず結論を述べて、次に理由を述べる必要があります。
そうすることで、読む人は結論を頭に入れた状態で、理由の正確性や説得性を判断することができます。

エントリーシートの作成に慣れていない人は、長々と経験や理由を述べてから結論にもってくる傾向にあります。
こうすると文章がわかりにくくなるので、避けるようにしてください。

簡潔な文章を心掛ける

エントリーシートを作成する際、過度に修飾語をいれたり、一文が長くなったりすると、文章が読みづらくなります。
過度の修飾語は避けて、句読点を用いるなどしてなるべく一文一文が短くなるようにしましょう。

伝えたいことを絞る

エントリーシートでは自分が特に伝えたい箇所は詳細に書き、他の部分は簡潔にまとめておかなければなりません。
情報量に強弱をつけることで、内容にメリハリがつき、読み手の印象に残ります。

自分の主張に具体性を持たせる

自分の主張や能力について述べる場合、なぜそう思ったのか、どのような経験からそれを身につけたのかといった裏付けを書かなければなりません。
そうすることで、自分の主張や能力に説得力を持たせることができます。

具体的には、実際のエピソードを書く必要があります。
企業の担当者は学生がどんな経験を積み、そこから何を学んだのかが知りたいのです。
主張する内容が抽象的ですと、担当者の目にとまりにくくなります。

面接を意識して作成する

エントリーシートは面接に繋げるためのプロセスであり、面接を想定した文章を作成しなければなりません。

エントリーシートに学生時代にゼミでの活動に打ち込んだことを書いたとします。
すると面接では、「なぜそのゼミを選択したのか?」といった、具体的な理由が聞かれることがあります。

作成するにあたっては、具体的な理由まで深く掘り下げておきましょう。
そうすることで、読んだ企業の担当者に、この学生についてもっと知りたいと思わせることができ、面接の質問に繋がるきっかけになります。

インターンシップを通じて学びたいことを書く

志望動機にインターンシップで学びたいことを書くことも重要です。

アプリを開発するスキルを身につけたい、自分の技術が仕事でどう生かせるのか知りたいなど、理由は人によって様々だと思います。

インターンシップを通して、自分が何を吸収したいのかを明確にした上で文章に起こしましょう。
ここがブレてしまうと、志望動機や自己PRが曖昧になり、選考に落ちてしまうおそれがあります。