就活で失敗しない! 気になる服装のマナー

就職活動で着るスーツ選びで困ったことはありませんか?

基本的にはリクルートスーツを購入しておけば安心ではありますが、志望する業界によってはトレンドがあり、スーツ選びには業界ごとのポイントがあります。

就活のように短期間で企業に必要な人材かどうかを見極められる場面において、見た目はかなり重要な要素です。また、一般的に就活では人と合わせることが重要視されます。
今回はこれから就職活動を始める、あるいはインターンシップで会社を訪問する学生さんに向けて、就活スーツの定番カラーや、スーツを着こなすためのマナー、業界別の着こなし対策についてご紹介します。

就活にリクルートスーツは必須? 業界ごとの傾向も解説

就職活動用のスーツとしてリクルートスーツと呼ばれるものがあります。
リクルートスーツは基本的に黒色がメインではありますが、必ずしも黒でなければいけないわけではなく、紺色やダークグレーでも問題ありません。

基本的に就活では服装で目立つ必要はないため、もし着用するスーツの色で迷うのであれば黒の無地を選択しておくといいでしょう。

黒以外でおすすめするスーツの色・柄

就職活動では黒以外でも着ていくことができるスーツの色があります。
ただし、志望業界によっては避けるべき色もありますので、スーツ選びには注意しましょう。

就活用のスーツで、「黒の無地」に次いでポピュラーなのが色が濃紺の無地です。
黒同様落ち着いた色合いであり、悪目立ちする心配はありません。
他の学生と全く一緒ではなく、微妙な差異をアピールしたい場合におすすめです。

ダークグレーも黒や紺色と同じく、就活用スーツの定番カラーの一つ。
黒の場合であれば地味な印象を与えがちになりますが、ダークグレーは落ち着きや誠実という印象を相手に与え、日本人の肌色にも合います。
ただ、多少華やかに見えるため、企業によっては好まれない場合もあります。
外資系企業や広告業界、アパレル業界、IT企業あたりを志望する人におすすめします。

薄いストライプの入った黒・紺色もスーツ選びの選択肢に入ります。
もちろん派手過ぎるストライプは好ましくありませんが、目立ち過ぎない程度のストライプであればスマートな印象を持たせることができます。
ただ、金融業界や官公庁のような業界では好まれない傾向があります。
広告業界やIT業界、ベンチャー企業を受ける際に着用されるといいでしょう。

業界別に見るスーツのスタイル

物堅い業界の体表格として金融業界があります。
銀行や証券会社、生保などの採用選考を受ける際には、下手に目立とうとはせず、無難に黒のスーツを着用するのが望ましいです。

官公庁や役所など、堅実さや真面目さが求められる業界も黒のスーツが望ましいでしょう。
基本的に公務員は、決まった目標や指示された業務を、正確に早く処理する真面目さ・堅実さが求められます。
そのため、堅実さや真面目さをアピールできる黒のスーツを着用することをおすすめします。

メーカーを受けられる場合は、黒・濃紺・濃いめのダークグレーを選択するといいでしょう。
あまりにもおしゃれな格好ですと、「地味で堅実なうちの会社に合わないのでは」と思われるかもしれません。
なるべくオーソドックスな色で無地のスーツを着用するのが無難です。

広告業界やアパレル業界は黒以外のスーツに寛容な傾向があります。
新しいトレンドやセンスを追求していくことが求められる業界ですので、ダークグレーなどでも問題ありません。
またアパレル業界であれば、自分のセンスを表すアクセントをスーツの中に取り入れることもできます。

外資系企業であれば、濃紺やダークグレー、チャコールグレーが望ましいです。
米国や欧州では黒・無地のスーツはパーティー用であり、就職活動やビジネスシーンには向きません。
また日系企業とは異なり、成果さえ出してくれればいいという成果主義の考えがあるため、スーツの色・柄が多少派手であっても問題ありません。

失敗しない服装のポイント

 

ここではスーツを着用される際に注意しておきたい服装のポイントについて解説します。

ボタンのかけ方

スーツの上着には種類があり、主にボタンが2つのものと3つのものがあります。

2つの場合は上の一つを留め、3つの場合には上の2つを留めるのが一般的です。

このように上着のボタンのかけ方は2つの場合と3つの場合では異なるので注意しましょう。

 ネクタイの幅と長さ

ネクタイを着用する際には、ジャケットのラぺル幅とネクタイの大剣の幅を同じにするとバランスが取れます。

ネクタイの長さについてはベルトのバックルに剣先がくる程度の長さに調節するといいでしょう。

ベルトと靴の色は統一

ベルトと靴は同色に合わせることが基本。
それぞれが別々の色になってしまうと、全体の統一感が薄れ、引き締まった印象になりません。

黒の革靴を履く際には、必ず黒のベルトを着用しましょう。

ズボンの折り目には要注意

スーツのパンツは長いこと履いていると、ズボンの折り目がなくなってきます。ズボンの折り目がないとだらしない印象を与えてしまうことになりかねません。

折り目が少しでも薄くなってきたら、こまめにアイロンをかけて折り目をつけるようにしましょう。

私服指定の場合の注意点

 

会社説明会やインターンシップによっては、「私服でお越しください」「普段着でお越しください」という指示をされることがあります。

ここでは私服指定されている場合の服装の注意点を説明します。

着ていく服装について

企業における私服はビジネスカジュアルを指す場合が多いです。

男性のビジネスカジュアルなら、ジャケットとYシャツが基本。
パンツはチノパンなど清潔感があるものを選びます。
靴もスニーカーではなく革靴にしましょう。
夏であればポロシャツにチノパンで構いません。

女性ならジャケットとトップス、スカートまたはパンツ、パンプスまたはローヒールで構いません。
またスカート丈を膝丈にすること、原色など奇抜な色を避けること、派手なアクセサリーは付けないように気を付けましょう。

私服指定でも業界によって求める基準が異なります。
金融業界などお堅い業界であればスーツに近い服装、地味な色合いが求められます。
また広告業界やアパレル業界、IT業界であれば一般的なビジネスカジュアルで構いません。

企業のホームページを参考に服装を選ぶのもおすすめ

私服で参加していいとはいえ、明確な基準がなければどんな服装を選べばいいかわからないかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、企業のホームページのチェック。
企業・業界によって服装に関する暗黙の了解が存在します。
ホームページに掲載されている写真から、どんな服装で普段勤務しているかを知ることができます。
また企業の採用担当者の服装を参考にしてみてもいいでしょう。