恥をかかないために!就職活動を始める前に抑えておくべきマナー

就職活動で一番気を付けておきたいことが「マナー」です。

マナーとは、その場に居合わせた人々が特定のルールに従って行動すれば、無駄な不快感を引き起こさない所作・振る舞いのこと。
就職活動は、社会人の世界へ入る第一歩ですから、ビジネスの場面で十分通用する立ち振る舞いが求められます。

これがなっていない場合、企業の採用担当者に不快感を与え、不採用となる可能性があります。

今回は就職活動をしていく上で気を付けておきたいマナーを紹介。
身だしなみや電話・メール対応、会社訪問に分けて説明していきます。

就職活動だけではなく、社会人以降も必要になってきますので、ぜひとも身に着けておきましょう。

身だしなみ・持ち物には気を付ける

身だしなみで大事なポイント

就職活動の身だしなみで気を付けなければならないポイントは、「清潔感」と「調和性」です。

まずはスーツやブラウスなど服装は清潔に整え、周囲に不快感を与えないようにしましょう。
汚れが付着していたり、ヨレヨレになっていたり、しわが目立っていたりするとマイナスイメージになります。
他にも男性なら長髪や無精ひげ、女性ならノーメイク、濃すぎるメイクもマイナスイメージを与えかねないので避けたいところ。

また業界特性や仕事内容、季節などと調和を合わせることは非常に重要です。

まず、スーツに関しては黒・濃紺・グレーのような落ち着きのある色のものを選びましょう。
その上で自分の体形にフィットしたものを着用するようにしてください。

また時計やアクセサリーなどを着用することあると思いますが、その際は派手なブランド物は避け、シンプルかつ機能的なものを選びましょう。

先端部分には気を付ける

頭髪、爪、足元といった先端部分には特に注意しましょう。
これらの部分は自分では気にしていなくても、相手から見るとどうしても気になってしまうことが多いです。

まず、頭髪に関しては寝癖や整髪料の付け過ぎは不潔感を与えるのでNGです。
髪型を整える際は、額を出し、耳から顎のラインをスッキリと見せることで清潔で明るい印象を出すことができます。

手や爪も見られやすいポイントですので、清潔にしておきましょう。
医療関係など衛生面に気を遣う業界ですと長い爪はマイナスな印象を与えますので、そうした業界を受けられる際には爪を短くしておくなど業界との調和を意識しておきましょう。

足元にも注意

企業の面接では椅子だけが用意され、机などはないケースがほとんど。
そこに座って面接官と対面しながら話すわけですから、面接官の視線に最も近い距離にあるのは足元ということになります。

靴は常にピカピカに磨いておき、かかとやヒールの減りに気を付けてください。

靴下はビジネスにふさわしいダークカラー、ストッキングはナチュラルカラーのものを履くようにしましょう。

メール・電話の際には正しい対応を

就活やインターンで企業と連絡するときは、ほとんどがメールもしくは電話。
メール&電話での対応の基本をしっかり押さえ、企業から好感をもたれるコミュニケーションのマナーを身に付けましょう。

メールのマナー

メールアドレスは、最低限の礼儀として人に見られても恥ずかしくない文字列のものを使用するのが無難。
文字列は自由ですが、趣味や好きなもの、恋人の名前などは避けてください。
新たにメールアドレスを作成させる際には、名字を入れると企業側も分かりやすいです。

またメールを作成する際には、誰が出したメールかはっきりさせるため、メールの最後には所属・名前・電話番号などの入った「署名」を入れるのがマナーです。

文章の書き方にも注意しましょう。
話し言葉と違い、感情の伝わりにくいメールコミュニケーションでは、自分の意図が相手に伝わるよう、細部まできちんと気配りをすることが必要です。
文章が全てですから、悪気はなかったとしても書き方によっては採用担当者に不快な印象を与えることになりかねません。

送信ボタンを押す前に、もう一度一文ごとに指差しチェックをして確認するといいでしょう。

電話対応のマナー

電話をかける際は、駅のホームなど人通りが多く騒がしい場所は避けます。
相手の声が聞きとれ、自分の声が聞きとってもらえる静かな場所へ移動してください。

企業にかけるときは月曜日(休日明け)の午前中、平日の昼休み中といった時間帯は避け、火~金の10~16時頃を見計らってかけるといいでしょう。

電話をかける前にあらかじめ伝えたい内容の要点をまとめておきます。
相手の話を聞くときは聞き間違いのないように聞きとった内容をメモしておきましょう。

また、相手が言った大事なことは復唱して確認すると些細なミスを防止することができます。
最後に、電話を切るときは一言「失礼いたします」と言うことを忘れないでください。

会社訪問の前後に心掛けるマナー

就活は、会社全体に自分を売り込むための活動。
採用担当者以外の社員にも自分を見て評価していると言っても過言ではありません。
待合室や喫煙所といった面接以外の場で急にマナーの悪くなる人は、人事の耳に入る可能性があります。
そうした人はまず採用されないと考えていいでしょう。

遅刻は厳禁!

会社訪問では遅刻は絶対にしてはいけません。

社会人たるもの時間に対してシビアでなければなりません。
大事な商談や重要な会議に遅刻をしてしまっては、相手に不快な思いをさせるだけではなく、時として莫大な損害を出すことにもなりかねません。

就職活動において、採用担当者は、学生に社会人としての素養があるかどうかを慎重に見極めています。
遅刻は社会人としての素養を疑われる行為に他ならないので、絶対にしないよう気を付けましょう。
交通機関の乱れなどでやむを得ず遅刻する場合は、担当者の方にできるだけ早く遅れる旨とお詫びをお伝えすることが大切です。

受付で横柄な態度をとらない

会社に入って最初に話すのは受付の方。
ここで採用担当者ではないからといって、横柄な態度をとってはいけません。
就活生の横柄な態度は、受付担当者を経由して人事担当者に報告されます。
そうなれば、会社の選考で通過できる可能性は大幅に下がってしまうでしょう。

受付に立ち寄る際には、「本日11時より、○○さんに会社訪問のお約束をいただいております、□□と申します。お取り次ぎいただけますと幸いです」と、取り次ぎをお願いしましょう。

挨拶を忘れずに

会社訪問に行くと、廊下でそこの会社の社員とすれ違うことがあります。
あまり頻繁にすれ違う場合は難しいでしょうが、なるべく「こんにちは」と挨拶しましょう。

実はすれ違った人が面接官という可能性もありますが、面接官だけではなく、会社全体に自分を売り込むのが、就活です。

挨拶して得することはあっても、決して損することはありません。
出来る限りやっておいた方が、後のためになります。
優秀な営業マンですと、客先の会社に出向いた際には自然な挨拶を心掛けています。

会社訪問後には必ずお礼のメールを!

会社訪問を終えた後は、必ずお礼の連絡をするようにしましょう。
お礼の連絡では。「忙しいなか会社訪問の時間を作っていただいたことへのお礼」、
「会社訪問で学んだこと」、「選考を受けたいという強い思い」を伝えます。

お礼のメールの宛先は、会社の採用担当窓口に送るのが基本です。
また、遅くても会社訪問翌日の午前中までにはメールを出しておきましょう。
なるべく採用担当者の印象に残っているうちに連絡をしておくことをおすすめします。