薬事チェック 業界最低水準の低価格

薬事チェックサービス

今問題になっている、薬事法に対応した広告表現のチェックなら
実績のある株式会社ブロックにお任せください!

薬事法を遵守した広告表現

あなたの記事は、本当に薬事法上問題がありませんか?

お気軽にご相談(無料)ください!

triangle-down_img

薬事法について

薬事法に抵触するとは

どういうこと?

薬事法は、現在の正式名称を「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」といいます。「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療器具」の4種の安全性と、体への有効性を確保するための法律です。

これらの商品を取り扱う際は、薬事法で定められたルールに従う事になります。しかし、対象外の商品であっても、医学的な効果・効能を謳うような表現をしてしまうと違反となってしまいます。「劇的な変化がある」「絶対治る」「効果が表れる」というような誇大表現を用いた文言は一切使用できません。

そのため、薬事法で規制されている上記4種の以外の認可されていない商品を販売・宣伝する際は、文章表現に細心の注意が必要となります。

ご存知ですか?

このような商品が薬事法に抵触する可能性があります!

  • 薬事法について

    ●健康食品

  • 薬事法について

    ●医薬品

  • 薬事法について

    ●医薬部外品

  • 薬事法について

    ●化粧品

  • 薬事法について

    ●医療機器

  • 薬事法について

    ●再生医療等製品

薬事法に違反する

どうなる?

薬機法違反が発見された場合、厚生労働省や都道府県知事から、業務停止命令が出されます。更に悪質な場合は、懲役、罰金などの刑事罰が科せられる場合があります。

2021年8月1日より、虚偽・誇大広告の違反を行った事業者や法人に対して課せられる「課徴金制度」が新たに設けられます。

課徴金額は、課徴金納付命令第七十五条の五の二において、原則として違反を行っていた期間中における対象商品の売上額 × 4.5%とされています。

参考:厚生労働省「課徴金制度の導入について」

triangle-down_img

ご相談下さい

このような事でお困りではありませんか

こんな時にご利用ください

行政指導の対策に

行政指導は近年厳しくなってきています。
商品や会社のブランドイメージを守る為に、事前の対策は不可欠です。
私たちが法律を遵守しながら効果的なライティングを実施するお手伝いを致します。

各媒体の薬事審査基準をクリアする為に

原稿を作成しても、各媒体が定めている薬事審査基準をクリアできなければ出稿できないとお悩みのお客様に。
問題点の究明と改善策の提示をし、基準をクリアするまでサポート致します。
※広告審査を通過保障するサービスではございません。

triangle-down_img

ご利用料金

ライティング+チェック

1文字:8円

チェックのみ

記事(3,000文字以内)5,000円
(3,000文字以上):ご相談
文字数が少ない場合もご相談していただけます。

お気軽にご相談(無料)ください!!

景表法・健康増進法などもご対応可能です。ご相談ください。

triangle-down_img

ご利用の流れ

ご利用の流れ

薬事チェック・ライティング

お気軽にご相談下さい!

triangle-down_img

お問い合わせ


■弊社のその他のサービス■

月間制作数60本!記事LPの制作は
「LPと記事のプロ」
株式会社ブロックにお任せ!

4つの鉄則を盛込んだ売れる記事LP CV150%増!
当社が得意領域とする「高品質な記事制作」と「豊富なLP制作実績」のノウハウを駆使し、
クライアントのコンバージョン拡大を最大限サポート。

triangle-down_img